バイリンガル教師

武藤先生

武藤先生

早稲田大学

海外滞在歴 7年

TOEIC 945

楽しみながら英語を学んでほしい

私は小学生から中学生の生徒さんを担当しています。毎週のレッスンが「楽しい!」、「レッスンの日が待ち遠しい!」と生徒さんに思われるように、笑顔あふれるレッスンを提供することを心がけています。私が英語を学んできた背景には、海外で現地校の授業を受けてきたほかに、毎日友達と遊んで楽しみながら英語を学んだ経験があるからです。先生でありながら生徒さんの1人の友達として接し、レッスンだけではなく、最近の出来事について英語で話しをするなど、生徒一人一人とのコミュニケーションを大事にしています。

日本式の英語学習に違和感を抱いた

私は小学1年生から中学2年生までの7年半をアメリカで過ごしました。帰国後、日本の公立の中学校に進学し、その後、県立の高校に進学しました。そこで私は日本の英語教育に驚きました。英語の授業はほとんどが日本語で行われ、英語を話すときは先生が「Repeat after me」と言ったときのみ。全ての英語は日本語に訳され、英語を日本語で覚えることに違和感を抱いていました。そのため、同級生は英語で質問されたとき、頭の中で英語を日本語に訳して答えていました。これは無駄な作業だと思いました。だからこそ、この学習法に慣れないでください。英語は英語で理解をし、英語で質問されたら英語で考えて英語で返す。これが正しい英語力だと思います。

武藤先生

間違えを恐れずに英語を使い続ける

英語を英語で理解するためには、間違えることを恐れず、英語を使い続けることが大事だと思います。多くの人は日本語に訳して考えてしまう傾向があり、英語を話したり、書いたりすることに関して「できない」と思い込んでいるように思えます。最初から「できない」のは当たり前です。英語を話せるようになりたいという意欲を持って自分に挑戦し続けることが大切です。間違えることを恐れず、英語を使い続けることによって、英語力は向上していきます。間違いを直され、直されたものを使ってみる。この繰り返しが、正しい文法や表現を身につけることにつながり、自然に英語を話すことができるようになります。私は生徒さんが間違えたことによって、評価を下げることなどは一切しません。反対にモチベーションが高い生徒さんを全力で支援し、彼らの英語力を上げることが使命だと感じています。ぜひ、間違いを恐れず英語学習を楽しんで欲しいと思います。

生徒さんへ一言

英語を英語で理解するためには、間違えることを恐れず、英語を使い続けることが大事だと思います。多くの人は日本語に訳して考えてしまう傾向があり、英語を話したり、書いたりすることに関して「できない」と思い込んでいるように思えます。最初から「できない」のは当たり前です。英語を話せるようになりたいという意欲を持って自分に挑戦し続けることが大切です。間違えることを恐れず、英語を使い続けることによって、英語力は向上していきます。間違いを直され、直されたものを使ってみる。この繰り返しが、正しい文法や表現を身につけることにつながり、自然に英語を話すことができるようになります。私は生徒さんが間違えたことによって、評価を下げることなどは一切しません。反対にモチベーションが高い生徒さんを全力で支援し、彼らの英語力を上げることが使命だと感じています。ぜひ、間違いを恐れず英語学習を楽しんで欲しいと思います。


バイリンガルの学習法を無料体験

今すぐお申し込み